着心地,座り心地,乗り心地,使い心地,寝心地,住み心地,居心地・・・。どれも良いに越したことはありません。心地よさの正体は,どういうものなのでしょうか。適切な気温,適切な光,そういう物理環境を整えることも大事ですが,それだけで実現できるものでもありません。生きた心地がしない,なんてことにならないように。そんな心地を科学する研究室です。

具体的な研究テーマは多岐にわたります。人間を中心として,最も身近な環境である被服から,室内・インテリア,建築,地域,都市,ときには地球環境に至るスケールまでを対象としています。その研究領域は温熱環境を主としつつも,光・空気・音環境にも目を向けます。また工学的アプローチのみならず,これまで気象・気候学,地理学,生理学,心理学,社会学,民俗学,国語学,デザイン学などとの境界領域にも踏み込んできました。

© 2005 - 2021 Nagano Laboratory KPU All rights reserved.