研究テーマ

生活季節の実態把握と予測評価

桜の開花やツバメの去来など動植物に見られる季節現象を生物季節というのに対し,衣替えや空調機器の使用のような生活上の季節現象を生活季節といいます。桜の開花日を予想して桜前線を描くように、衣替えの時期や空調機器の開始・終了時期を前線として表す研究です。

体感温度指標の開発と検証

暑さ寒さの感覚は、気温以外にも、湿度・放射温度(長波放射)・風速・代謝・着衣が関係します。さらに外に出れば日射(短波放射)、部屋で寝転んでいれば伝導も関係します。このような環境を感覚的に捉えるための体感温度を理論的に構築し、実際の環境に適用してその有効性を検証しています。

気候地名の検証

東日本大震災で津波に見舞われた地域には、過去に水害があったことを窺わせる地名が数多くあるそうです。府大の所在地である半木町(ハンギチョウ)も、かつてはナカラギと読み、漢字では「流木」と表しました。普段は穏やかな鴨川ですが、ときに大きな氾濫を起こすことを教えてくれます。地名からその地の気候を探る研究です。

ミントの涼感効果

実際にからだが冷えるわけではないのですが、ミントガムやミント成分の入った入浴剤を使うとスースーと涼しい感じがします。ではその涼しさは気温が何℃下がるのと同じ効果があるのでしょうか。そんな疑問に被験者実験によって迫ります。

伝統技術の評価と現代的意義

伝統にはただ古いだけではない、ときに現代よりも優れたポテンシャルを備えていることがあります。陽当たりや風通しなど、地域の気候にあった建物のかたちや材料などがその一つです。これらの性能を物理的・客観的に評価し、その現代的意義を検証します。

Meet us

Nagano Laboratory members
長野 和雄

長野 和雄

教授

京都府立大学卒業、名古屋工業大学大学院修了、博士(工学)。
九州芸術工科大学(九州大学)助手、島根大学助教授、奈良女子大学大学院准教授等を経て現職。

田邊 凪

田邊 凪

B4

生活季節前線の改善に関する研究

中江 宥斗

中江 宥斗

B4

写真投影法による居住者とインテリアの相互作用分析

平手 優衣

平手 優衣

B4

椅子座面のむれ感と相対湿度に関する実験的研究

横内 恒介

横内 恒介

B4

熱源の異なる炬燵採暖が及ぼす心理的・生理的影響

Contact

共同研究、大学院進学、etc。
お問い合わせはこちらのフォームから。


〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5
京都府立大学大学院環境科学専攻

お問い合わせフォーム

*は必須項目です。

入力いただいた個人情報は当研究室が管理し、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

© 2005 - 2019 Nagano Laboratory KPU All rights reserved.