暑さ寒さの感覚は、気温以外にも、湿度・放射温度(長波放射)・風速・代謝・着衣が関係します。さらに外に出れば日射(短波放射)、部屋で寝転んでいれば伝導も関係します。このような環境を感覚的に捉えるための体感温度を理論的に構築し、実際の環境に適用してその有効性を検証しています。



関連発表

  1. Watanabe S., Nagano K., Ishii J., Horikoshi T. Evaluation of Outdoor Thermal Comfort in Sunlight, Building Shade, and Pergola Shade during Summer in a Humid Subtropical Region Building and Environment 82 556-565 2014.10
  2. 渡邊慎一,石井仁,長野和雄,冨田明美,堀越哲美 日傘による直達日射の人体投射面積遮蔽率 人間と生活環境 21 2 93-98 2014.11
  3. 長野和雄,堀越哲美,石井仁,宇野勇治,橋本剛,兼子朋也 山口県祝島集落の気候適応性能評価 日本生気象学会雑誌 50 2 77-92 2013.07
  4. Nagano K., Horikoshi T.: Human thermal comfort in open-air footbath. Proceedings of the 19th International Congress of Biometeorology, Auckland, New Zealand, 2011.12.7
  5. 長野和雄: 島根県玉造温泉における露天足浴時の温熱環境評価,日本生気象学会雑誌,48(3): S101, 2011.11.5
  6. Nagano K., Horikoshi T.: New index indicating the universal and separate effects on human comfort under outdoor and non-uniform thermal conditions. Energy and Buildings, 43(7): 1694-1701, 2011.7
  7. Nagano K., Horikoshi T.: Development of outdoor thermal index indicating universal and separate effects on human thermal comfort. International Journal of Biometeorology, 55(2): 219-227, 2011.5
  8. 長野和雄: コタツ舟の評価,シンポジウム「多様な温熱環境の評価とデザイン-温熱感研究の広がり-」,日本建築学会環境工学本委員会熱環境運営委員会温熱感小委員会,2011.2
  9. 長野和雄,堀越哲美: 屋外および不均一熱環境下に適用可能な総合体感指標の開発,日本建築学会環境系論文集,76(660): 131-139,  2011.2
  10. 中沙智代,長野和雄:出雲市三津集落におけるブロック塀の体感気候に及ぼす影響,日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), D-1, pp. 869-870, 2009.8.
  11. 青戸凡子,長野和雄,渡邊慎一:豆炭炬燵を備える松江堀川遊覧船の温熱環境が人体へ及ぼす心理的・生理的影響, 日本建築学会中国支部研究報告集, 32, 407, pp. 1-4, 2009.3.
  12. 長野和雄 岩本智恵:日射を考慮した電車車両内における夏季温熱環境の実測評価,日本建築学会中国支部研究報告集, 32, 410, pp. 1-4, 2009.3.
  13. 長野和雄,高柴日香,小松充典,兼子朋也,堀越哲美: 雲南市吉田町における伝統的町並みの室内・集落気候と住まい方に関する調査研究,日本生気象学会雑誌,45(4): 141-164, 2008
  14. Ishii J., Horikoshi T., Kurazumi Y., Nagano K., Fukagawa K.: A field survey of thermal comfort in outdoor space, Proceedings 18th International Congress of Biometeorology, Tokyo, 2008.9(undecided page number on CD-ROM).
  15. Nagano K., Aoto N., Watanabe S.: Thermal comfort in pleasure boat with charcoal kotatsu in winter in Matsue of Japan, Abstracts of 31st International Geographical Congress, 2008.8.
  16. 中沙智代,長野和雄:出雲市三津集落におけるブロック塀の防風・日照遮蔽性能に関する実測調査,日本建築学会大会学術講演梗概集(中国), F-1, pp. 443-444, 2008.9.
  17. 中沙智代,長野和雄:島根県出雲市三津集落における夏季温熱環境調査,第3回ヒートアイランド学会全国大会, pp. 128-129, 2008.8.
  18. 長野和雄,小受正剛:大田市大森における温熱環境調査,第31回人間-生活環境系シンポジウム報告集, pp. 183-186, 2007.11.
  19. 高柴日香,長野和雄,小松充典:雲南市吉田町の冬季集落気候と居住性に関する実態調査,日本生気象学会雑誌, 43(3), S50, 2006.10.
  20. 小松充典,長野和雄,高柴日香:出雲平野の散居集落における冬季屋外気候観測,日本生気象学会雑誌, 43(3), S49, 2006.10
  21. 小松充典,長野和雄,高柴日香:出雲平野の散居集落における夏季屋外・屋内気候観測,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), D-2, pp. 305-306, 2006.
  22. 高柴日香,長野和雄,小松充典,和美廣喜:雲南市吉田町における伝統的住宅の室内気候と立地気候に関する夏季実測調査,日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), D-2, pp. 303-304, 2006.
  23. 長野和雄,堀越哲美,石井仁,宇野勇治,橋本剛,兼子朋也:山口県祝島集落の体感温度分布,日本ヒートアイランド学会第1回全国大会,pp. 18-19, 2006.7.
  24. 長野和雄,堀越哲美:日射を考慮した修正有効温度の発展表現,日本建築学会中国支部研究報告集,29, pp. 397-400, 2006.2.
  25. Nagano K., Horikoshi T., Uno Y., Kaneko T., Suzuki K.: Bioclimatic design of traditional vernacular houses in Japan: climatic factors to determine orientation of the kudo-zukuri houses in Saga, 17th International Congress of Biometeorology, Vol. 1, pp. 196-199, 2005.9.
  26. 長野和雄,石井仁,堀越哲美,橋本剛,宇野勇治:伝統的石塀住宅の冬季室内熱環境実測,日本生気象学会雑誌,41,2,S29,2004.
  27. 長野和雄,石井仁,堀越哲美,橋本剛,宇野勇治:瀬戸内島嶼集落における気候観測調査,第27回人間-生活環境系シンポジウム報告集,pp. 173-176,2003.12.
  28. 長野和雄,石井仁,堀越哲美,橋本剛,宇野勇治:伝統的石塀住宅の夏季室内気候,日本生気象学会雑誌,Vol. 40,No. 3,S46,2003.10.
  29. 長野和雄,石井仁,堀越哲美,橋本剛,宇野勇治:山口県祝島集落における「ネリヘイ」の環境調整性能調査 その1 夏季・秋季・冬季における集落気候観測,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-1,pp. 603-604,2003.
  30. 藏澄美仁,松原斎樹,鳴海大典,長野和雄,土川忠浩,堀越哲美: 姿勢の違いが体感温度に与える影響に関する研究,日本生気象学会雑誌,35(1): 35-44, 1998

© 2005 - 2019 Nagano Laboratory KPU All rights reserved.